しずく日記

  1. トップページ
  2. しずく日記

しずく日記

しずく日記 第2回 〜点滴の差し替え〜

第2回目の「しずく日記」がお母さんから届きました。
しずくちゃんも無事に一学期が終了したようです!

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 先週の木曜日で院内学級も終わり、金曜日から夏休みに入りました。病院にいながらも、ベッドサイドではありますが、雫の大好きな図工や音楽、生活などの授業もしていただける院内学級がお休みになってしまうのは、とっても残念な様子。夏休みの間も生活リズムを崩さず、新学期を迎えられるようにしなければと思います。


 現在の雫は、利尿剤、抗不整脈薬、血圧の薬、血液をサラサラにする薬など何種類もの薬を服用しながら、さらに強心剤の点滴を24時間外すことが出来ない状態にあります。そのため、点滴は、1~2ヶ月同じ箇所に刺したままになり、点滴が抜けないよう固定するテープのみを定期的に交換して頂きます。どうしても同じ箇所にテープを貼ることが多くなってしまい、先日ついに手の甲全体が真っ赤にかぶれてしまったため、反対の手に点滴の差し替えをしました。


 苦手な点滴の差し替えということもあり、前日から看護師さんはじめ医療スタッフの方々も頑張って雫が差し替えにのぞめるようにと気持ちを盛り上げて下さり、なんとか当日無事差し替えは完了!!!途中くじけそうになりましたが、投げ出さずよく頑張りました。

 最後にそれまで入れていた点滴を抜く少しの間、両手が点滴状態になっちゃっ
た!っと完了後には、なんとか笑顔がみられました。

 最後になりましたが、救う会の皆様をはじめ、街頭募金のボランティアをして下さった皆様、募金をして下さった皆様、いつも雫を応援して下さる皆様、暑い中本当にありがとうございます。これからも温かいご支援とご協力をどうか宜しくお願い致します。